田んぼの様子

平成30年

●イノシシ君との戦い「電気柵の整備と点検」(8月~9月)

稲穂が出てくるこの時期になると、イノシシ君がその稲穂を食べにやって来ます。

まだ軟らかいお米はミルクのように乳白色をしており、とても食べやすく美味しいのだと思います。

おまけに、稲を倒して遊んだり、寝っ転がって自分の身体についたダニなどを稲にこすりつけます。

何も防御をしなければ、稲は食い荒らされて収穫はできません。人間の一年間の苦労など、イノシシ君には全く関係のないことです。

そこで、鉄柵と電気柵で二重の囲いをして被害を防いでいます。

2018-08-18 11.08.45.jpg 2018-08-20 17.06.37-1.jpg

2018-08-30 17.14.19-1.jpg 2018-08-21 11.39.54-1.jpg

電気柵は、夏から秋にかけての約2ヶ月間、通電しますが、シーズンの最初は電線周辺の草を取ったり、断線していないかを調べて修理します。

電線に草や木が接触すると、アースして電気(電圧)ショックが効かなくなるので、正常に働いているかを毎日見回って確認しなければなりません。

竹ノ原農園の田んぼには、5地区、総延長で約2,100メートルの電線と鉄柵を設置していますので、点検も容易ではありません。 

電圧を測定し、電圧低下が確認されると電線に沿って見回ることになります。

1地区の平均距離は400m、それも平地は少なく、アップダウンありの急斜面ありの、まるでクロスカントリーコース。

2018-08-18 11.42.44.jpg 2018-08-21 09.57.06-1.jpg

2018-08-31 11.34.34.jpg 2018-08-24 11.36.06-1.jpg

お米づくりとは直接関係ない仕事なのですが、このような苦労があるからお米が無事に収穫されます。

有害鳥獣対策の必要な山間地の苦労です。