(since 1997.10.12)
あなたは 人目の
お米にこだわるひとですね!
 

お米ファミリー(c)FUJIMOTO Aki


合鴨米
日本産直生産者協会会員
合鴨米は、日本産直生産者協会の登録商標です。

竹ノ原農園にようこそ!

わが農園は、熊本県阿蘇外輪山の南側に位置する山都町にあります。
合鴨農法人と自然に優しいお米を作っています。


最近のできごと

●草刈り作業と電気柵点検(8月下旬〜9月上旬撮影)
もうすぐ稲刈の季節になります。その前に伸びた雑草の草刈りを行います。
山間地では、面積が広大で傾斜も急で大変ですが、これもお米作りに大事な作業です。


また、電気柵はアースや断線がないか定期的に点検します。今年は、無線で電源操作ができる
リモコンスイッチを購入。150m以上離れた位置でも電気柵の電源が遠隔操作できました。
点検中にカブトムシが・・・。


●イノシシ用電気柵の設置、点検(8月10日〜8月12日撮影)
稲穂が出始めました。この時期になると、イノシシが田んぼに入って稲を食べに来ます。
そこで、食べられる前に電気柵を設置し、点検を行います。
山間地なので足元が悪く容易な作業ではありませんが、美味しいお米づくりに不可欠です。


    

●合鴨たちが田んぼに入りました(6月13日〜7月2日撮影)
今年は訳あって、合鴨たちが飛行機に乗って竹ノ原農園にやってきました。
田んぼで仕事ができるようになるまでは小屋で育てて、水慣らしをさせます。




●熊本地震で壊れた防獣柵の修理(7月2日撮影)
昨年の地震後の大雨で壊れた畦畔上の防獣柵を修理しました。
ここから「たぬき」が出入りしていることが、暗視カメラで確認できました。



●田植えが無事に終わりました(5月20日〜25日撮影)




●野焼きが終わりました(4月23日撮影)
天候不順で雨が多くて、やっと野焼きをすることが出来ました。
野焼きに驚いて、「野うさぎ」が飛び出してビックリ。




●種まき、苗代作業が終わりました(4月16日撮影)


□■□■□ 更新情報 (2017.09.17 ) □■□■□

ごあいさつ

土作りへのこだわり(ぼかし肥)

合鴨農法とは?

合鴨君からのメッセージ

山都町のお米はなぜおいしい?
素晴らしい自然環境を紹介しています。

   田んぼの様子  
一年間の農作業の様子を紹介しています。

 合鴨米の注文へ
品種:こしひかり、ひのひかり

おまけ(表彰、新聞、ドラマ)

フジテレビ「遅咲きのヒマワリ」で野焼き風景の写真が・・・。


◆ 竹 ノ 原 農 園 ◆
代  表 :岩部 誠一 (いわべ せいいち)
・九州環境保全型農業協同組合会員
・日本産直生産者協(全国合鴨米流通協議会)会員
・JA熊本山都町有機農業研究部会会員
・グリーンコープ熊本生協会員
住  所 :〒861-3781 熊本県上益城郡山都町大字麻山1957番地
電話/FAX :0967−72−2379
E-mail :aigamo@takenohara.net


ご意見・ご感想をお待ちしております。

★ 郷土の紹介

山都町の自慢 国の重要文化財 「通潤橋」

毎年9月に行われる「八朔祭り」「通潤橋の放水」はとても有名です。